北朝鮮との局地戦に対する米軍の参加を正式にルール化 韓国

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

韓国KBSが、北朝鮮と局地戦になった場合の米軍との行動について報道した。

報道によると、まず韓国軍が局地戦を繰り広げ、その後米軍が支援するという順番になることが決定したという。

 

これは、北朝鮮の挑発行動に対する、米韓両軍の行動計画を新たに見直したもの。





 

今まで、北朝鮮の挑発に対しては韓国軍が単独で行動してきた。

その際に米軍がどう動くかという取り決めはなかったという。

今回、米軍が後方支援するという方針がはじめて正式にルール化された。

 

今後、行動の細かいルールが決められる予定。

 

 

これらの動きは、北朝鮮の挑発が最近高まっているため。

延坪島の砲撃事件以来、韓国軍は同程度の損害を相手に返すという今までの方針を改め、相手の指揮系統を壊滅させるという方針に変更した。

このような方針を米軍とともに公式化したのが今回の行動計画となる。

 

米軍は他に朝鮮半島に向かう原子力潜水艦などを公開し、北に向けて圧力を高めている。

 

 

Similar Posts:

    None Found