北朝鮮、アメリカをターゲットにした長距離ミサイルを準備「戦闘準備態勢に入った」と脅す。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

 

ABCNewsが、北朝鮮の厳戒態勢について報道している。
北朝鮮の砲兵部隊は厳戒態勢をとり、ミサイルによる米国への攻撃体制に入っているというものだ。

 

北朝鮮は26日、アメリカに対して砲兵部隊とミサイルを最高レベルの戦闘態勢にしたと発表した。
以下、朝鮮中央通信が発表した声明

 

From this moment, the Supreme Command of the Korean People’s Army will be putting in combat duty posture No. 1 all field artillery units including long-range artillery strategic rocket units that will target all enemy objects in U.S. invasionary bases on its mainland, Hawaii and Guam

この瞬間から、人民軍の最高司令部はハワイやグアム、アメリカ本土の敵をターゲットにした長距離戦略ミサイルと砲兵部隊を最高レベルの戦闘準備態勢(No.1)にした。





 

韓国の大統領府はこの動きを軽視し、特に相手側に特別な動きはないとした。

しかし、韓国の専門家によると、No.1という言葉は今まで使われたことがないという。

 

アメリカをターゲットにしたミサイルを設置し、戦闘態勢に入ったというのは、他の国であれば大問題のはず。

しかし、北朝鮮の場合は発言が信用されないのか、あまり真剣に取り上げられないのが悲しいところだ。

もちろん、「戦闘準備態勢 combat-ready’ posture」に北朝鮮が入ったのは、今回が初めてではない…。

 

Similar Posts: