サイエンス

6ヶ月間母乳を与えた母親は、ガンの確率が10パーセントも減少

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://www.dailymail.co.uk/health/article-2299685/Breastfeeding-months-cuts-risk-dying-cancer-10.html
http://www.dailymail.co.uk/health/article-2299685/Breastfeeding-months-cuts-risk-dying-cancer-10.html

 

最新研究によると、半年間母乳で育った女性はガンで死ぬ確率が10パーセントも減少するという。

また、心臓発作、脳卒中のリスクは17パーセント減少する。

 

研究者はヨーロッパ9か国で12年にわたり38万人を調査。

the World Cancer Research Fund/American Institute for Cancer Research (WCRF/AICR)が推奨する健康的な食生活(体重が増える食べ物飲み物を減らし、野菜を多く摂り、肉、アルコールを減らし、適度な運動をする)によって、34パーセントもがんのリスクを減らすことができるという結果を出した。

そして、同時に結果として出てきたのが、母乳を半年間与えた母親が10パーセントも確率を減らすことができたということだ。

 

プロジェクトを率いたのはインペリアルカレッジ・ロンドンのテレサ・ノラット博士。

「この研究結果は、WCRF/AICRのアドバイスとガンや循環器疾患による死亡リスクに強い関連性があることを示した最初のものとなる」とコメントを出した。

アドバイスに適切に従った人は呼吸器疾患の死亡率を50パーセントも減らした。

循環器系は44パーセント、ガンは20パーセント減少した。

 

アドバイスの要素で最も強いインパクトを与えているのは、体重が低いこと。

これは22パーセントも影響を与えている。

次に植物性のものを食べること。これは21パーセント。

 

そして、the American Journal of Clinical Nutritionに発表された研究結果では、ライフスタイルの変化によるアドバイスとのコンビネーションについても報告され、6ヶ月間母乳を与えた母親はガンが10パーセント、循環器系が17パーセント減少するという結果が出たのだ。

 

しかし、たとえば英国では6ヶ月間母乳で育てる母親はわずか2パーセント。

アメリカも29パーセントと低い。

日本は母乳育児が多く、3ヶ月で73パーセントだという。

 

 

 

 

Similar Posts:






  
 

2件のコメント

ただいまコメントは受け付けていません。