どうして夫は薄い化粧を好むのか

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://www.dailymail.co.uk/femail/article-2300216/How-make-men-REALLY-like.html
http://www.dailymail.co.uk/femail/article-2300216/How-make-men-REALLY-like.html

 

記事は書いたアナベルは、13年前に結婚。

夫は素顔の君が好きだという。

しかし、彼女はもうすぐ40歳を迎えるが、すっぴんの顔が好きだとは言えなくなっている。

目は小さくなって、唇に厚みはなくなって、ファンデーションは肌にのらなくなってきた。

それに、世の中の女性はすっぴんを見られるのが嫌だから、夫より早く起きて化粧をする人も多いと聞く。

そこで彼女は、プロのメイクアップアーティストによって段階的な化粧バージョンを作り、どれが本当に好かれる化粧なのか実験してみることにした。

 

AU NATUREL 自然のまま

一番の左の顔は、二人の子どもが見る顔だ。





ノーメイクで、犬の散歩にはぴったり。

このメイクに対する夫の評価は、5段階評価の3だ。

 

“NO MAKE-UP” MAKE-UP ノーメイクっぽいメイク。

美しいすっぴんを表現したメイク。ほんのり赤みがかった肌に、しわやくすみが消えた肌。

唇はかすかに光っている。

マスカラもしているらしい。

このメイクに対する夫の評価は、5段階評価の3だ。

 

UNDERSTATED GLAM 控えめの魅力

20分かけた化粧。アイライナーも厚く、目は奥まった感。

ブリジット・バルドーを目指したらしい。

夫の評価は、なんと4。すっぴんより好きなのか。

 

GETTING SULTRY 官能的に。

キム・カーダシアン、シェリル・コールレベルに達したメイキャップ。

目は暗いアイライナーがぼってりで、つけまつげは二つ。

鼻の中心は光るようにして、アリス・クーパーに近づいた感があったが…

夫の評価は最高点の5。

This is good.

で、間違いなく私のお気に入りだそうだ。

 

RED CARPET DAZZLE レッドカーペットで輝く。

この時点で夫のセンスを疑いはじめるが、さらにハリウッドスター的になったこのメイクも夫は評価5。

最後のFULL ON VAMP 刺激度満点 でやっと評価1となる。

 

結局、「夫が薄い化粧を好む」は実証できなかった。

Maashとしては2で十分だと思われるが…。

 

 

 

Similar Posts: