科学者が初めて自閉症とてんかんの関連性を発見

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

 

http://www.dailymail.co.uk/health/article-2325088/Scientists-discover-link-epilepsy-autism-time.html

http://www.dailymail.co.uk/health/article-2325088/Scientists-discover-link-epilepsy-autism-time.html

 

 

バース大学の研究として、てんかん(epilepsy)を持つ大人は、自閉症(autism)やアスペルガー症候群(Asperger syndrome)の特長を持っていることが発見されたという。

てんかんの発作は脳の社交を司る神経を崩壊(disrupt)させるが、それが自閉症と同じ症状だという。

 





しかし、このデイリーメールの記事を翻訳し、執筆している筆者にはてんかんを持っている友人がいるが、自閉症の兆候はまったくない。

アスペルガーの兆候も見当たらない。

 

西洋でもてんかんはスティグマ(不名誉)とされていて、研究もあまり進んでいない。

てんかん持ちであることを公表することもあまりない。

 

この研究結果について他の研究者らは、「どんな調査でも、よりてんかんの解明が進み、社会適合が進められる」と歓迎している。

いずれにせよ、てんかんとはどういうものなのか、社会全体が認知を深めることが必要とされている。

 

Similar Posts: