ポテチとヘロインは同じ中毒症状

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

 

http://www.dailymail.co.uk/health/article-2349007/Food-really-addictive-Study-finds-brain-activity-similar-heroin-users-eating-certain-processed-foods.html

http://www.dailymail.co.uk/health/article-2349007/Food-really-addictive-Study-finds-brain-activity-similar-heroin-users-eating-certain-processed-foods.html

 

 

中毒になる。という面では、ポテチ中毒とヘロイン中毒は同じらしい。

最新研究で明らかになったのは、ポテトチップスやパンなど高血糖食品を食べたときに起こる快楽中枢の脳活動は、ヘロイン中毒になった脳活動と似ているということ。

なので、加工された炭水化物を食べると、もう次が欲しくてたまらなくなる。

 





研究結果はthe American Journal of Clinical Nutritioで発表され、食物摂取と脳内ドーパミンの関係性について新たな見解を示している。

ヘロインの中毒性と、食物の中毒性は同じだということだ。

 

研究では、MRIスキャンなどで摂食行動と脳を観察。

被験者に対し、それぞれミルクシェーキを与えた。

一見見た目が同じで、同じ味のミルクシェーキだが、一方には炭水化物が多く含まれ、一つは少ない。

すると、炭水化物が多い方のミルクシェーキを飲んだ被験者は、4時間後に過度の空腹感を感じるという結果が出た。

中毒だ。

 

また食べたいという中毒症状を克服するのはシンプルだ。

パンやジャガイモのような高グリセミック指数の食べ物を避けること。

それだけで中毒症状はおさまり、肥満を防ぐことができる。

しかし、食べれば快楽。脳内ドーパミンは活発化し、幸せになれる。

 

食べたあとに我慢すればまるでヘロイン中毒。

class-A drugと呼ばれるヘロインとニコチンとほぼ同じ中毒性がある。

たばこと同じだから、食べ続ければ永遠ループで、いつまでも欲しくなるのだ。

 

 

Similar Posts:






  
 

3 comments for “ポテチとヘロインは同じ中毒症状

Comments are closed.