ビッグクラウドプロジェクト 「スーパーセル」の息をのむ画像

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

 

http://abcnews.go.com/blogs/headlines/2013/07/the-big-cloud-project-by-camille-seaman/

http://abcnews.go.com/blogs/headlines/2013/07/the-big-cloud-project-by-camille-seaman/

 

カミーユ・シーマンが恐ろしいほどの巨大な雲「スーパーセル」の撮影を始めたのは2008年。

「ビッグクラウドプロジェクト」と銘打ったこの作品群には、アメリカの信じがたいほどの嵐雲画像が記録されている。

 

上の写真は2008年に撮影されたサウスダコタの嵐。タイトルは“The Collapse”。
ストーム・チェイサーとしての彼女の講演はこちら。





 

彼女が子供のころ、おじいちゃんが外に座り、空を指さして「見えるか。あの雲はおまえの一部だ。やがて雨になり、食物に水を与え、おまえに入ってくる」と言ったそうです。

雲と自分が繋がっている。

そう感じたのが、このプロジェクトを始めたきっかけだとか。

 

ところで今、熱帯暴風雨(熱帯低気圧以上)のフロッシーがハワイに近づいている。

もし直撃すれば、20年ぶりの熱帯暴風雨直撃となる。

 

 

Similar Posts: