6000グラムの赤ん坊がドイツで生まれた。しかも帝王切開なし。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

http://www.dailymail.co.uk/news/article-2381280/Mother-gives-birth-bouncing-baby-girl-weighing-13lb4oz-WITHOUT-C-section.html 

 

ドイツで61110グラム(13.4ポンド)の赤ちゃんが生まれた。

金曜日にドイツのライプツィヒ大学病院で産まれたヤスリンちゃん。

こんな巨大なのにも関わらず、帝王切開(C-section)なしの自然出産だった。

 

6000グラムは、通常の生まれたての赤ん坊の2倍。

身長は57.5センチだった。

 

母親のマリア(31)は、我が子の巨大ぶりに、「ちょっとショックでした。11歳の娘も、2歳の息子も小さかったので…」とコメント。





マリアは妊娠糖尿病の疑いがあったが、はっきりと診断確定はされていなかった。

 

ドイツでは最高記録だが、世界記録より10ポンド軽いという。

 

Similar Posts: