サイエンス

英ドライバー、10人中9人が警告ランプを認識できず。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2381805/Warning-ahead-98-cent-drivers-understand-dashboard-lights.html
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2381805/Warning-ahead-98-cent-drivers-understand-dashboard-lights.html

 

ドライバーの98パーセントが、車のダッシュボードに表示される、あるアイコンの意味を理解できない…。

英デイリーメールがそんな記事をアップしている。

 

A Mercedes-Benz E Classはなんと41のアイコンを持っている。Toyota Yarisは28。

Nissan Micraは少なく21。

研究ではそういった15の人気種(英国内)を対象に、2018人のドライバーを調査。

全車に共通しているわずか16の警告ランプについては、半数以上が認識できた。

 

しかし、例えば触媒コンバーター(catalytic converter)の警告ランプは、ドライバーの95パーセントが理解できなかった。

続いて空調ライトが86パーセント、タイヤ圧警告が71パーセントも認識不能だった。

 

車載技術が高度になるについれ、車載ガジェットが多くなり、ランプも増加中。

しかし、ドライバーはランプの意味がわからないまま、平均で12日間放置。6パーセントのドライバーは、半年間放置するという結果が出た。

 

車特有のアイコンは存在するものの、全世界で統一したほうが良さそうだが、当然そんな組織はない。

 

 

Similar Posts:






  
 

1件のコメント

ただいまコメントは受け付けていません。