臨死体験は存在する? 新研究で明らかに。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2390236/Near-death-experiences-exposed-Surge-brain-activity-heart-stops-trigger-paranormal-visions.html

http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2390236/Near-death-experiences-exposed-Surge-brain-activity-heart-stops-trigger-paranormal-visions.html

 

「死後の世界を垣間見た」という臨死体験の話は世界中に存在するが、本当にそれが存在するのか、ミシガン大学のチームが科学的に検証した。

実験の方法は、人為的に麻酔で心停止させたラットを使用。

脳神経の動き(脳電図)を計測した。

 

すると、臨死体験を象徴するような電気の動きがあったという。





心停止から30秒間、脳の活動が活発になったのだ。

それは、完全に意識があるような、もしくはそれ以上の脳の状態だった。

 

研究者のジョージ・マショアは、その結果に驚いた。

普通なら、動物は当然、死んでいるはずだからだ。

記事によると、「今までの常識でいうと、心停止したときに脳活動も停まるとされていた」という。

 

このような現象が起きることについては、酸素が欠乏することで、何か刺激が起こっている可能性があるらしい。

「生きろ」というメッセージなのか。

そして、人間は体が動かない状態で、何か強烈なイメージを見るのだ。

 

臨死体験と脳の関係を結びつけた最初の発見となるこの研究結果は、the National Academy of Sciencesで発表された。

 

さて、では「臨死体験」とはいったい何なのか。

という議論は、この研究結果でも答えが出ない。

科学的には、その電気信号による幻覚であり、超常現象としては、「臨死体験」によって起こる脳の電気信号だからだ。

 

いずれにしろ、「何かを見た」という言葉は信じなくてはならない。

Similar Posts: