500の弾薬を持つ男に「愛してる」と説得した女性。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

 

ジョージアの重武装男侵入事件の詳細が明らかになってきた。

男はマイケル・ヒル、20歳。

武器を入れた黒いバックを持ち、裏口から学校に侵入したが、その銃弾の数はなんと500だった。

 

彼を説得した事務員の名前も公表された。アントワネット・タフ。

警察のチーフの記者会見で、英雄と称された。

 

http://abcnews.go.com/US/georgia-school-shooting-suspect-500-rounds-ammunition-police/story?id=20020262

http://abcnews.go.com/US/georgia-school-shooting-suspect-500-rounds-ammunition-police/story?id=20020262

 





彼女によると、ヒルは誰にも愛されていなかったので、生きる理由がないと話していたという。

そのため、彼女が「愛している」ということを彼に伝えた。

 

“I just want you to know that I love you and I am proud of you. That’s a good thing that you are giving up. … We all go through something in life.”

今、私があなたに知って欲しいのは、私があなたを愛して、誇りに思っているということ。あなたが(銃撃を)あきらめるのは良いこと。私たちみんなで人生を生き抜くのよ。

 

 

彼は警察と撃ち合いをし、警察が死ぬところを放送したかったらしい。

室内からドアに向かって実際に発砲した。

しかし、誰も傷つかず、警察も一度その場を離れ、教師、生徒らも避難。

 

事務所に残っていたタフは、彼に「銃を置いて、降伏するのよ」と囁いた。

 

タフに心を動かされたヒルは、ついに降参。

死者が一人も出ることなく、事件は終幕した。

 

 

 

 

 

 

 

Similar Posts: