米副大統領が「疑いの余地なし」 シリア化学兵器問題

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://abcnews.go.com/blogs/politics/2013/08/biden-no-doubt-syrian-regime-behind-chemical-attack/

http://abcnews.go.com/blogs/politics/2013/08/biden-no-doubt-syrian-regime-behind-chemical-attack/

 

アメリカの政府関係者がシリア政権の化学兵器使用を認める中、ついにオバマの次にいるジョセフ・バイデン副大統領が「No doubt(疑いの余地なし)」と明言した。

これはもはや、オバマが言っているようなものだ。

 

副大統領がそう語ったのは、ヒューストンの米国在郷軍人会全国大会。





There is no doubt that an essential international norm has been violated — violated.  Chemical weapons have been used

国際規範に根本的に違反していることは間違いない。化学兵器は使用された。

And there is no doubt who is responsible for this heinous use of chemical weapons in Syria: the Syrian regime

そして、シリア政権がこの凶悪な化学兵器を使ったことに対しては、責任を取らなくてはならないことも間違いない。

 

 

彼はまた、オバマが「無防備な市民に対して化学兵器を使った者は、責任を負わなくてはならない」と信じていると語った。

 

記事は今から2時間前の27日4時ごろ(米現地時間)にアップされた。

Similar Posts: