ジムに行くよりも、階段を使い、バスを使わないほうが効果的?

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

 

 

http://www.dailymail.co.uk/health/article-2408387/Taking-office-stairs-getting-bus-early-The-fast-track-ways-lose-weight-actually-MORE-effective-long-gym-sessions.html

http://www.dailymail.co.uk/health/article-2408387/Taking-office-stairs-getting-bus-early-The-fast-track-ways-lose-weight-actually-MORE-effective-long-gym-sessions.html

 

ジムに行き、いっぱい動いて、汗をかいて…と、いかにもダイエット効果がありそうな毎日だが、ユタ大学の研究者が「普段の生活にある運動のほうが効果がある」との研究結果を発表した。

 

しかし、どう考えても普段の運動ではダイエットにならないと思うのだが…。

 





研究を行ったのはユタ大学のジェシー・ファン博士。

「我々は、体重増加を防止するためには、運動の期間(継続期間 duration)よりも、活動の強度(強度、度合い、量 intensity)が重要だということを知った」

 

活動の強度を得られる運動とはいったい何だろうか。

教授によると、それは「ショート・バースト」系だという。

たとえば、階段をのぼること。店の駐車場に車を停めず、少し離れた駐車場に停めて、店まで歩くこと。バスもはやめのバス停で降りること。

「長く大変な運動が必ずしも健康に必要ではないことは、人々を勇気づけるものになる」

 

しかし、どうやってこれらのショート・バーストがダイエットになるとわかったのか。

研究では、参加者に加速度計のついたモバイル機器を装着させ、BMIも計測した。

すると、女性の間で毎日のショート・バーストを重ねている人は、BMI値が平均より0.07低いという結果が出た(期間不明)。

逆に、普段ショート・バーストが少ない人は、男性も女性も肥満度が高かった。

 

ポジティブに考えると、毎日でも階段を上り下りしていれば太らない。

車とエレベーターに頼っていると、太る。

 

単純に考えるとそうなるが、信じるか信じないかはあなた次第。

 

Similar Posts: