『プリズン・ブレイク』の主役がカミングアウト「15歳で自殺しようとした」

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://abcnews.go.com/Entertainment/wentworth-miller-reveals-kill-gay/story?id=20200292

http://abcnews.go.com/Entertainment/wentworth-miller-reveals-kill-gay/story?id=20200292

 

土曜日、シアトルで開かれた人権キャンペーン(LGBT(レズ、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー))で、『プリズン・ブレイク』のウェントワース・ミラーが「自殺」について告白した。





「最初に自殺を試みたのは15歳のとき。週末に家族が出かけるのを待って、家で一人になり、ピル(錠剤)を飲んだ」

 

彼は先月、サンクトペテルブルグ国際映画祭への招待に対する返信の手紙で、ゲイであることをカミングアウトした。

理由は、ロシア政府のゲイに対する扱いに懸念を抱いているからだ。

 

「自殺未遂のあとの数時間は記憶がない。でも、月曜日、何事もなかったかのように、学校行きのバスに乗った」

 

彼がカミングアウトした理由は他にもあり、彼が悩んでいたころに存在しなかった、手本となる人間になるためだと語っている。

 

Similar Posts: