詩人の子供が歌手になった。 NZ出身のLordeがスノーボール状態。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

 

月曜日の夜、NYウェブスターホールでライブを行ったのは、ニュージーランドのシンガーソングライター、Lorde。

3日間のチケットを完売させた彼女はなんと16歳、

2013年春にデビューし、人気はスノーボールド(雪だるま式に上昇)。

 

特長は彼女がマイリーやケイティのようにダイヤモンドとパーティについて歌うのではないということ(『Royals』で歌っていることだが)。

彼女の憂鬱、階級意識問題(No post code envyという歌詞)など、16歳とは思えない深みが詩にはある。

というのも、彼女の母親は詩人。

そして、母親の家系はユーゴスラビア系ということで、民族や社会に対して思慮深さがあるのかもしれない。

 

デビューシングル『Royals』を含む5曲入りの『The Love Club EP』はデジタル配信され、アメリカでは9月にデビューアルバム『ピュア・ヒロイン』がリリースされた。

 

 

彼女については、今NYタイムズが取り上げている。

http://www.nytimes.com/2013/10/02/arts/music/shes-16-but-not-thinking-of-sweet.html?_r=0

歌詞直訳(そのまま訳します)





I’ve never seen a diamond in the flesh
私はダイヤモンドの原石は見たことがない
I cut my teeth on wedding rings in the movies
私は映画の中で私の歯を結婚指輪でカットする(cut my teeth 経験(キャリア)を積む 意訳 映画の中の結婚指輪を見ただけ)
And I’m not proud of my address
私の住所は誇れない。
In the torn up town, no post code envy
うらぶれた街。うらやむ郵便番号もない。

But every song’s like:
でも歌の中では

Gold teeth 金歯
Grey Goose グレイ・グース(高級ウォッカ)
Tripping in the bathroom バスルームでトリップする
Bloodstains 血の染み
Ball gowns ボール・ガウン(夜会服)
Trashing the hotel room ホテルで散らかす

We don’t care, we’re driving Cadillacs in our dreams
私ちはかまわない(気にしない)。夢の中でキャデラックを乗るから。

But everybody’s like:
だけどみんな
Crystal クリスタル
Maybach メイバッハ(高級車)
Diamonds on your timepiece 時計にはダイヤモンド
Jet planes ジェット機
Islands アイランド
Tigers on a gold leash 金の手綱で虎

We don’t care, we aren’t caught up in your love affair
かまわない。あなたの愛の情事に捕まらないから

And we’ll never be royals (royals)
そして、私たちは決してロイヤルにはならない
It don’t run in our blood
私たちの血には流れていない
That kind of lux just ain’t for us, we crave a different kind of buzz
そんなきらびやかなものは私たちのものじゃない。私たちは違った興奮を求めているの。

Let me be your ruler (ruler)
あなたの支配者になる
You can call me queen bee
クイーン・ビーとお呼び
And baby I’ll rule, I’ll rule, I’ll rule, I’ll rule
そして私がルールになる。
Let me live that fantasy
そのファンタシーに生きさせて

Similar Posts:






  
 

1 comment for “詩人の子供が歌手になった。 NZ出身のLordeがスノーボール状態。

Comments are closed.