スマフォが防弾チョッキみたいになって助かった…

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

 

フロリダ州のガソリンスタンド店員が、強盗に襲われ、撃たれた!

しかし、彼は怪我をすることはなかった。

かわりに、HTCのスマフォが壊れた。





 

月曜日の朝4時45分。

男はガソリンスタンド(フロリダのウィンターガーデンにあるヘス・ガスステーション)にやってきて、カウンターにいた女性店員にドリンクの販売機の場所を聞いた。

そして、しばらくして男が戻ってくると、手にはリボルバー。

 

そのとき、男性店員が店内に入ってきた。

男は金を奪うことなく、外に逃げる。

その際、リボルバーの引き金をひいた。

 

警察が到着したとき、男性店員は胸の痛みを訴えて倒れていた。

そして、胸のポケットからスマフォを取り出した…。

 

HTCのスマフォのディスプレイには、弾丸のあと。

背面は、その圧力に押されて膨らんでいた。

 

男性は「アドレナリンのせいで、撃たれても痛くない」と聞いていたから、てっきり撃たれてしまったものだと思っていたが、HTCが彼の命を救ってくれていたのだった。

 

スマフォは防弾チョッキの役割を果たしたが、今後も人々の命をスマフォが救うとは限らない。

胸ポケットに銃弾が当たったのは、本当にラッキーだったのだ。

 

 

 

Similar Posts:

    None Found