NHKが「5,000万円」と表記する謎。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

 

 

今日、例の借りた借りない話で、NHKが「5,000万円」と表記した。

これは、全国の紙媒体編集者からすると、気持ち悪い。

本来なら、「5000万円」と表記すべきだからだ。

 

「,(カンマ、コンマ)」は欧米の文化。

3桁ごとに「,」がつく。

英語だとサウザンドの1,000で使い、次がミリオンの1,000,000という具合に、読み方の単位でもある。

なので「,」の位置と単位が一緒になっていてわかりやすいが、日本語はそこがずれている。

 

日本の場合、千、万だが、1000は英語と一緒で、万となると10000となる。英語ではテン・サウザンドだ。





千のすぐ次に万が来てしまう。

英語には万で区切るアイディアはないし、億で区切るアイディアもない。

ミリオン(100万)、ビリオン(10億)で区切る。

 

  1サウザンド 1,000   1ミリオン 1,000,000(100万) 1ビリオン 1,000,000,000(10億)

  一千 1,000 一万 10,000(テン・サウザンド) 一億 100,000,000(ワンハンドレッド・ミリオン)

 

上のように数字をカンマだけで表記すると、英語ならば何も考えずに、カンマの位置を見れば読み方がわかる。

が、日本語だとカンマの位置を見ても一瞬よくわからない。

 

なので、日本では1万、1億といった表記をする。

するとぐっとわかりやすくなる。

 

さて、5000万円の場合。

TV各局こぞって「5,000万円」と表記する。

数字が三つ並べば、とにかく打とうとするのだ。

 

しかし、5,000万円と表記すると、5,0000,000円だから、カンマとカンマの間に0が4つも並んでしまう。

カンマをつけるならば、50,000,000円だから、50,00万円となるはずだ。

それも変なので、紙媒体では5000万円と表記する。

千や万と使った場合に、カンマは使用しないのだ。

 

テロップ打ちはアルバイトの大学生が多いせいか、過去の例を見習うのかもしれない。

編集者なら?のあとにすぐ文字を続けないが、TV局のテロップは?のあとにすぐ次の文字が続く。

 

TVの影響力が大きいから、いつか「5,000万円」が正しいとなってしまうのだろうか。

 

Similar Posts: