ニューヨークのコーヒーカルチャーを楽しむためのマイマップ

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan


より大きな地図で NY を表示

 

 

サードウェーブのコーヒーとミニマリズムは実は繋がっている。

部屋の物を減らしていくとやがて茶室のようになり、飲み物が旨くいただけるからだ。

NYの街のコーヒー屋はかつてアメリカン全盛で、今も多くの店が残っているので、そういった店だけ立ち寄ると残念な結果になる。

かといって、マンハッタン中にあふれるスタバに行って自慢できたのは『ユー・ガット・メール』のころだ。

 

今は2000年頃からはじまった新世代コーヒーカルチャーが多く育ったが、分散しているので情報がないとよくわからない。

そこで、グーグルマップのマイマップにしたので、ぜひ活用してほしい。

NYにはガイド本を持たず、身軽に出かけるほうが楽しいはずだ。

地図はスマホで見て、コーヒーショップ探しはこのマイマップにアクセスして使う。

http://goo.gl/maps/ZOX6p

地元民のようにコーヒー店でくつろいでほしい。

説明書きはあくまで説明。その場でコーヒーを飲んで、don’t think, feeeeel!

 

Ground Support





外のベンチでコーヒーを楽しむ様子は代々木のフグレンのよう。

この外ベンチ方式はブルックリンのChoice Marketも同じ。

豆はインテリジェンシア。

 

THIRD RAIL COFFEE

ワシントン・スクエアのすぐ南にある。インテリジェンシアとマシンはラ・マルゾッコGE/5。

そのまままっすぐ北上すると、クロワッサン・サンドが美味しいTARALLUCCI VINOがある。

 

OST CAFE EAST VILLAGE

何時間でも時間を潰したいならここ。個人的には白と黒を使ったインテリアが好き。

 

STUMPTOWN COFFEE ROASTERS

ポートランドからやってきたサードウェーブ3大ロースターのひとつ。

ACE HOTEL内にある。

 

CULTURE Espresso Bar

ペン・ステーションの近くなので、ニューアークで降りた人はここにまず寄ってもいい。

 

Bouchon Bakery

ここはコーヒーというよりパンで。ミシュラン三つ星のパー・セがディレクションしている。

セントラルパーク左下のコロンバスサークルには大きなタイムワーナーセンターが出来て、ここやホールフーズに寄ると楽しい。

 

El Beit

ウィリアムズバーグのオススメ店。

世界中どこを探してもない、「ニューカルチャーな感じ」はやはりNY。

そして数年前からウィリアムズバーグだから、行くしかない。

 

Oslo Coffee Roasters

その日焙煎されるのはその日の分だけ。

場所はエル・ベイトにも近く、ベッドフォード・アベニューを南に下ってN4thを左にまっすぐ。

 

Sweetleaf

エル・ベイトからイースト・リバー側に歩くとあるのはSweetleaf。

クイーンズの人気店がウィリアムズバーグに出店した2号店だ。

 

Bowery Coffee

後半はブルックリンばかりだが、ここはマンハッタン。

カッツデリカテッセンの近く(ちょっと歩く)なので、パストラミ・サンドをTo Goで。

 

Dumont Burger

コーヒー店ではないが、行こう。

ウィリアムズバーグの南側。

 

Gimme Coffee

ウィリアムズバーグのオスロの近くにあるのがこの店。

もとはNY州イサカにあったロースター。

 

Choice Market

ブルックリンだがウィリアムズバーグとは離れているので、ドーナツショップのDoughとこの2店を目指すといい。

マフィンとクロワッサンが人気で、コーヒーはダンボのブルックリン・ロースティング。

 

Dough

鮮やかシロップもすべて自然素材。2010年オープン。

 

 

Text by Rem by Tablemagazines

Similar Posts: