ニコラ・アネルカが反ユダヤ主義のナチス式敬礼?

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://edition.cnn.com/2013/12/31/sport/football/anelka-french-anti-semitism-row/index.html?hpt=wo_t2

http://edition.cnn.com/2013/12/31/sport/football/anelka-french-anti-semitism-row/index.html?hpt=wo_t2

 

フランス人で、かつてチェルシーで活躍したニコラ・アネルカ。

彼は現在もプレミア・リーグでプレイしているが、彼がゴール後にした「クネル」というジェスチャーが物議を巻き起こしている。

先週末の試合で彼がしたジェスチャーは、「アンチ-システム 反体制」を意味するものらしいが、スペルはquenelle。

これはあくまで友人であるフランス人コメディアン、ディユドネ(Dieudonne M’Bala M’Bala)のものだという。

なのに、なぜ論争になるのか。

 

実は、ディユドネは現在、検察の捜査を受けている。





そのジェスチャーが、反ユダヤ主義と関係しているというのだ。

 

ジェスチャーの仕方は、右腕をまっすぐ下におろし、左腕で右腕上腕部を掴むというもの。

これは、ナチスの敬礼でもあると一部で主張されている。

 

フランスの内務大臣はディユドネの公演を禁止すると宣言していて、逆に人々は劇場前でそのジェスチャーをして抗議している。

反ユダヤ主義国際連盟によると、反ユダヤ主義による攻撃が2012年に59パーセント上昇。

フランスでは2012年に1539件発生し、22パーセントの上昇だった。

 

46歳のディユドネは過去に反ユダヤ主義のために何度か罰金を科せられているが、厳密に言うと、彼は「アンチ・シオニスト」を表明している。

これは、単純な反ユダヤ主義ではなく、ユダヤ人の中のシオニストを批判するものだ。

シオニストとは、イスラエル再建国を目指し、ナチスとともにユダヤ人の移住計画を進めた人々。

しかし、ドイツには当時からシオニストに従わないユダヤ人が多く、彼らはドイツに残る道を選び、その後アウシュビッツなどの強制収容所に送られた。

 

今もユダヤ人の中で反シオニストを訴える人は多く、アメリカの反シオニストは、イスラエルに協力する政策に反対している。

 

というわけで、ディユドネはあくまで、反シオニスト。だから、ユダヤ人の友人もいるという。

彼はつまりシオニストの権力への抵抗を訴えているのだが、それが「反ユダヤ主義」と一括りにされ、フランスなどのヨーロッパの一部の国では法律違反となる。

アネルカがどうゆうつもりであのジェスチャーをしたのかは謎のままだ。

 

 

 

Similar Posts: