赤んぼうは嘘泣きをする 日本の研究を英新聞が紹介

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

 

http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2540677/Babies-DO-fake-cry-Infants-pretend-distressed-attention.html

http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2540677/Babies-DO-fake-cry-Infants-pretend-distressed-attention.html

 

聖心女子大学の「赤んぼうは嘘泣きをする」という研究結果が英デイリーニューズで紹介されている。

赤んぼうは生後一ヶ月までに、泣くことが注意をひくことになることに気づき、たとえば兄妹とライバル関係にアル場合に、嘘泣きをして注意をひこうとするという。





嘘泣きの場合は実際に機嫌が悪いわけではないので、母親が抱きしめるとすぐに機嫌が良くなり、積極的な身体的接触があり、情動調整に大きく貢献するという。

 

研究は大学院人間科学専攻の中山博子によって行われた。

生後7ヶ月と9ヶ月の二人の幼児を対象に、一ヶ月に二回訪問し、6ヶ月間観察した。

 

観察では泣いたあとにしばらく不機嫌が続くパターンと、すぐに機嫌が良くなるパターンがあった。

母親はいずれにせよ、子どもを抱きしめてあげることが大事のようだ。

 

 

Similar Posts: