アンネ・フランクが預けたビー玉が70年ぶりに発見される

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

 

http://www.dailymail.co.uk/news/article-2551751/Tin-marbles-belonging-Anne-Frank-turn-Amsterdam-70-years-gave-neighbour-safekeeping.html

http://www.dailymail.co.uk/news/article-2551751/Tin-marbles-belonging-Anne-Frank-turn-Amsterdam-70-years-gave-neighbour-safekeeping.html

 

今週、アムステルダムのアンネ・フランク博物館が、70年ぶりにアンネのビー玉が発見されたことを発表した。

そして火曜日、ロッテルダムのアートギャラリー(クンストハル博物館)で、その錫のビー玉が一般公開された。

ビー玉はブリキ缶に入っていて、カラフルなガラスのマーブルが詰まっている。

これは、戦後に父オットーが隠れ家に帰ってきて、アンネの友人だったToosje Kupersに本やティーセットと共に渡したもの。

 

そのブリキ缶は70年間、彼女の家の食器棚にあり、最近、家の移動で発見された。

Kupersは現在83歳。

 

 

 

 

多部未華子 アムスニスム

http://www.hirata-office.jp/topic/tabe/ams/01.html

数年前、この撮影でアンネの家に行くことができた。

 

Similar Posts: