ゾンビーハウスが発生するのは銀行が原因か NY州の空き家問題

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

 

http://www.nytimes.com/2014/02/10/nyregion/a-new-effort-in-albany-to-put-lenders-in-charge-of-abandoned-properties.html?hp&_r=0

http://www.nytimes.com/2014/02/10/nyregion/a-new-effort-in-albany-to-put-lenders-in-charge-of-abandoned-properties.html?hp&_r=0

日本で「ゾンビ」という言葉を使ったニュースはあまりないが、アメリカでは「Zombie」は見出しでも使われる。

今、NYTimesにアップされているのは、「ゾンビーホームズ」についての記事。

つまり、放置されて廃墟と化したものに対して、彼らはゾンビと呼ぶのだ。

 

ニューヨーク州ニューバーグ(ニューヨーク市から60マイル北)にある322 Washington Street。

数ヶ月前に火事に遭い、朽ちたゾンビーホームズとなっている。

この家は、ローンが払えずにオーナーから放棄された家で、NY州だけでこのようなゾンビーホームズは1万5000軒も存在する。

 

家がゾンビーホームズになるのは、放棄されたあと、銀行の手続きが数年かかるためだ。

その間に火事になったり、破壊されたりする。

火事になるというのは、売春やドラッグの現場となり、遊び場として”開放”されるため。

管理者のいない状況で、火事はすぐに起こる。

 

NY州司法長官のエリック・シュナイダーマンは月曜日、こういったゾンビーホームズに対して、銀行が責任をとる法案のアウトラインを示した。

銀行はプロパティのオーナーがローンを返せなくなったら、プロパティを差し押さえることで利益を保っている。

なのに、それが大量になると管理はしない。そもそも管理するつもりもあまりない。

もし法案が通った場合、今のように銀行が家を放置すると、1日1000ドルの罰金が科せられる。

 

ニューバーグは大企業が撤退したことで打撃を受け、ゾンビーホームズが大量に発生している。

同時に、経済と銀行が生んだ綻びは、この町に高い犯罪率と失業率も発生させてしまっている。

 

 

Similar Posts: