バーガーキングもダイエット志向へ 30パーセント脂肪カットの新ポテト

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://www.dailymail.co.uk/health/article-2572940/Burger-King-launches-diet-chips-target-health-conscious-customers-Satisfries-30-fat.html

http://www.dailymail.co.uk/health/article-2572940/Burger-King-launches-diet-chips-target-health-conscious-customers-Satisfries-30-fat.html

ダイエット志向のニーズに応えるように、ついにバーガーキングがダイエットタイプの新しいポテトを開発した。

クリンクルカットの新しいポテトの名前は「サティスフライズ(Satisfries)」。

従来品より脂肪分が30パーセント少なく、アメリカとカナダで最初に発売され、半年後にイギリスとアイルランドに導入される。





不思議なのは、カロリーが8パーセント増えていること。

従来品は214カロリーだが、サティスフライズは222カロリーだ。

 

いずれにしろ、バーガーキングの調査では消費者がよりダイエット傾向にあるらしく、ダイエット向けの第一歩を示したかたちになる。

 

一方、ライバルの米マクドナルドはダイエットの傾向にあるのか。

実は、昨年米マックはマックマフィンの卵黄フリー版(yolk-free version)をリリースしている。

The Egg White Delightは全粒粉マフィンで、エッグマックマフィンの300カロリーに比べ260カロリー。

ヘルシー・オプションを充実させようと動き始めている。

 

Similar Posts: