マレーシア機消滅のキーとなる『航空ブラックホール』とは?

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

 

http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2578197/Is-Boeing-777-hiding-invisibility-cloak-lost-black-hole-Experts-try-unravel-mystery-Malaysia-Airlines-missing-aircraft.html

http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2578197/Is-Boeing-777-hiding-invisibility-cloak-lost-black-hole-Experts-try-unravel-mystery-Malaysia-Airlines-missing-aircraft.html

 

マレーシアMH320消息不明事件の海外報道で、「aeronautical black holes」という言葉が出てきた。

Aeronautic(エアロナウティック)とは、「航空の、飛行の」という意味だから、「航空上のブラックホール」という訳になる。

 

239人の乗客を運ぶ巨大な航空機を見失うとは信じがたいが、金曜日の夜、クアラルンプールから飛びだったボーイング777は姿を消した。

コミュニケーションが消えた理由として専門家は、空中で爆発したか、さきほどの『航空ブラックホール』に入ったかのどちらかしか考えられないという。





 

飛行機にはトランスポンダーという位置情報を発信する装置があるが、事故日の深夜1時20分に、その発信は消えた。

 

その確かな理由を、専門家たちは明確にできていない。

 

そのため、そういった電波が遮られる「ブラックホール」に機体が入ってしまったとしか考えられないのだ。

しかし、エアロナウティシャル・ブラックホールは、そういった電波問題のことだけを言うのではないらしい。

実は、そこに入ると、機長らは不思議な感覚におそわれるという。

まるで、逆に進んでいるかのように感じ、見るものも、エンジンも逆に進んでいるように思えるというのだ。

 

それはいったい、バミューダトライアングルのようなものなのだろうか。

 

もう一つのミステリーは、乗客の親戚がかけた電話が鳴ったことだ。

ミッシングした乗客の一人の携帯電話に対して電話をかけると、呼び出し音が鳴ったというのだ。

ある専門家は、間違いなく携帯は繋がらないとしている。

携帯は水中にあるか、バッテリーが切れているからだ。

だからこそ、別の専門家は、「そうだとしたら、海ではない」とも主張している。

 

 

http://www.bubblews.com/news/2594017-is-it-true-that-malaysia-airlines-sucked-into-a-quotblack-holequot

Similar Posts:






  
 

1 comment for “マレーシア機消滅のキーとなる『航空ブラックホール』とは?

Comments are closed.