旅と都市カルチャーShin-ku

ブルーボトルのフリーマンが、アップルストアのテーブルについて考えた。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://www.bluebottlecoffee.com/our-story
http://www.bluebottlecoffee.com/our-story

ブルーボトル創始者ジェームズ・フリーマンがカフェのテーブルに革命を起こしたようだ。

ウォールストリートジャーナル http://www.apple.com/retail/fifthavenue/

オークランドの新店舗は、コーヒーのための「テーブル」がある。

飲むためではなく、作るためのテーブルだ。

その形態は驚くほど、アップルストアのテーブルと共通点がある。

 

2012年、彼は多くの時間をアップルストアのthe maple display tablesについて考えていたらしく、すべてのインフラ(electricity, data, security)が、誰も気づかないように隠されていることが彼の心を掴んでいた。

テーブルに見えるツール。

それがアップルのテーブルだからだ。

 

彼はそれを自分の店で採り入れたいと思った。

しかし、扱うのは電気と電源コードだけではない。コーヒーだ。

つまり、water, power, espresso machines, grinders(コーヒーミル)が必要となる。

 

それでは、カウンターを改造すればいいのか。

コーヒー店ではカウンターが絶対で、店員がコーヒーを淹れる神聖なる場所。

だから、カウンターを改造する場合は、中の部分に機材を収納できるようにして、トップには何も置かなくてよくなる。

素晴らしいアイディアだが、 彼はもう一つのアイディアとして、その聖域をなくすということも考えた。

カウンターをなくし、テーブルを新たに造り、そこにインフラを入れるのだ。

 

http://www.apple.com/retail/fifthavenue/
http://www.apple.com/retail/fifthavenue/

アップルストア

 

彼の最新の店舗は、北カルフォルニアオークランドのWC Morse building。

この古いビルのフロアを借りたときに、彼はその二つ目のアイディアを採用しようと考えた。

 

そして、ジェンセン・アーキテクチャーのチームによって開発されたのがこのテーブルだ。

http://blogs.wsj.com/accelerators/2014/02/26/james-freeman-turning-apples-display-tables-into-a-coffee-shop/
http://blogs.wsj.com/accelerators/2014/02/26/james-freeman-turning-apples-display-tables-into-a-coffee-shop/

 

ステンレスのテーブルトップには電気も水も通っていて、コーヒーができたことを知らすシグナル機能もある。

そして、エスプレッソマシンも組み込まれている。

 

水と電力は床から伸びる管から供給されるが、見事にデザインされている。

 

http://www.bluebottlecoffee.com/cafes/morse
http://www.bluebottlecoffee.com/cafes/morse

 

しかし、アップルストアのようなカウンターを夢見たわりに、トップにはいろいろ物が置かれている。

写真で見る限り、グラインダーは組み込まれていないようで、他にもエスプレッソ・マシンなどが置かれている。

 

それに、カウンターではないが、カウンター的ではある。

お客が飲むテーブルと一体化すればもっと面白いと思ったが、この新テーブルは一カ所にしかなく、ゲストのテーブルは別だからだ。

 

それでも、この開放感は新鮮だ。

透けるカフェ(diaphanous cafe)として、ブルーボトルのブランド力を確実に高めるだろう。

 

 

 

Similar Posts: