イタリアのファッションは復活するのか

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://www.theguardian.com/fashion/2014/mar/26/rebirth-italian-fashion-1950s-versace-gucci

http://www.theguardian.com/fashion/2014/mar/26/rebirth-italian-fashion-1950s-versace-gucci

 

1950年から下降し続けているイタリアのファッション。

かつてはハリウッドスターがヴェルサーチやグッチを身につけ、ローマやフィレンツェに焦がれた。

写真のようにヘップバーンも、エリザベス・テイラーもそうだった。

靴だってイタリアのものが最高で、リタ・ヘイワースもソフィア・ローレンもフェラガモに夢中だった。

 

でも、イタリアはそれ以来「うつ病」状態だったと記事には書いてある。

デザイナーの高齢化もすすみ、アルマーニは79歳、カヴァッリは73歳。

プラダはちょっと若く、64歳。

いずれも30年前が全盛期だ。

 

イタリアが人気だった理由に、30年代の文化があるという。

服装とは礼儀であり、優雅さを示すものではなかった。

個人の礼儀だった。

そして、「色と生地を統一させる(”unite colours, unite fabrics”)」というセンスがあり、それがオシャレさとなったのだ。





 

 

http://www.theguardian.com/fashion/2014/mar/26/rebirth-italian-fashion-1950s-versace-gucci

http://www.theguardian.com/fashion/2014/mar/26/rebirth-italian-fashion-1950s-versace-gucci

 

それが時に、時代遅れとなったかもしれない。

派手さはなく、礼儀だけがあるのだ。

 

最近は、若いイタリア国籍のデザイナーが50年代や60年代のイタリアン・ファッションを再定義しようとしていて、再び見直されようとしている。

「素材を大事にする」というイタリアの姿勢は、食やファッションのトレンドと合致していて、今後も人々の心を掴むだろう。

ファスト・ファッションの反対側で、イタリア・ファッションは高級感を増すのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

Similar Posts: