グアルディオラ マンUの現状に対して余裕の返答。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://www.theguardian.com/football/2014/mar/31/pep-guardiola-bayern-munich-manchester-united

http://www.theguardian.com/football/2014/mar/31/pep-guardiola-bayern-munich-manchester-united

 

チャンピオンズリーグを前にグアルディオラがモイーズに警告したという記事が出た。

「ビッグクラブが負けると、大きな問題になる」

 

リラックスムードのグアルディオラがいたのは、マンチェスターのマリオットホテル。

火曜日夜の決戦を控えての記者会見だ。

ファーガソンへの批判に対して、

「ビッグクラブで勝てないと、いつもトラブルになる。前進し、勝たなくてはならない。ここで、スペインで、イタリアで、ビッグクラブでは勝たなくてはならない」と答えた。





警告とまではいえない感じだが、ビッグクラブの宿命として、モイーズは勝ち続けなくてはならないと伝えているのか。

 

他にもこのように答えている。

「ビッグクラブでは起こるんだ。バイエルンでも起こるだろう。そして、去年は彼らはすべてに勝った。そして我々はレベルをキープしようとしている。そしてついにブンデスでやった。マンチェスターUはここ10年から15年で、プレミアとヨーロッパを支配し、ファイナルにいつも到達していた」

「フットボールはスペシャルだ。時々理解しがたい多くのことが起きる。ファーガソンがこのクラブに悪い影響をどのように与えたかは知らない。それは完全に反対なんじゃないか。このクラブは彼のおかげでイングランドでベストクラブだった。彼はクラブを再組織化し、この国で別のレベルに引き上げた」

「何が起こるのか。いいことか悪いことか。すべての世界中の監督に。私は明日自分に起こることがわかる」

「誰も永遠の成功に秘密は持っていない。誰もビッグプレイヤーなしでタイトルはとれないし、自分はキャリアを通してビッグプレイヤーを持つことができてラッキーだった。同僚を尊敬もしている。マンUがモイーズを監督に決めたのは、彼らはできる能力があるからだ。時に時間は必要だろう。マンUの決定はいつも正しい。彼らはモイーズがいいコーチで、エバートンでいい仕事をしていたことを知っている」

 

今日の試合で大きくモイーズの進退が決まるかもしれない。

勝つか引き分けならば問題ないが、いつも0-3なら問題になるだろう。

そして、今まで通りの戦術なら、0-3は問題になる。

少しでもバイエルンの戦い方を見て研究し、戦い方を変えるならばわからないが。

正直、バイエルンの試合を見てモイーズが衝撃を受けないのなら、不思議で仕方がない。

 

 

 

Similar Posts: