バイエルン、なぜかビディッチ担当は小柄なラームだった

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://www.theguardian.com/football/2014/apr/01/manchester-united-bayern-munich-champions-league-match-report

http://www.theguardian.com/football/2014/apr/01/manchester-united-bayern-munich-champions-league-match-report

 

マンUホームで1-1。

今の実力差を考えると上出来の結果だ。

バイエルンのホームで勝てると思えないが、ホームで大差で負ける可能性もあっただけに、健闘したといえるだろう。

 





1点目は後半に交代で入った香川の左サイドの仕掛けから得たフリーキックを、今季で退団するビディッチが決めた。

記事によると、フェライニは特に印象的ではなかったが、このシーンでは相手の注意をひきつけたのか、大型DFビディッチには小さなラームがついていた。

 

身長と身体能力で取ったというのは、ある意味モイーズらしい。

 

 

Similar Posts: