『スウィート・キャロライン(Sweet Caroline)』歌詞を直訳してみる。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

「みんなで歌う」というカルチャーを求めて「アワライ」というカルチャーイベントをやっていたが、この『スウィート・キャロライン』ほど適した曲はない。
ボストン・レッドソックスの試合で必ず流れるので、観客が一緒に歌うのだ。

最近はボストン・マラソン爆破事件で心を癒やしたのと、曲のモデルであるキャロライン・ケネディが駐日大使になったことでも注目された。

個人的には映画『2番目のキス』のこの曲のシーンが好きだ。
レッドソックス・ファミリーは美しい。

Where it began         どこからはじまったのか
I can’t begin to knowin’   僕は知りはじめることができない
But then I know         でもそれから、僕は知る
It’s growin’ strong       それがだんだん強くなるのを

Was in the spring          それは春だった
And spring became a summer     そして春は夏になった
Who’d have believed you’d come along   誰が、君が一人で来ることを信じただろう

Hands,        両手 
Touchin’ hands  触れた手 
Reachin’ out   届いている
Touchin’ me   僕に触れている
Touchin’ you   君に触れている





Sweet Caroline           スウィート・キャロライン
Good times never seemed so good   いい時は、決して良くは見えない
I’ve been inclined         僕の心は傾いている
To believe they never would   それらがそうならないと信じることに(良くは見えないと信じることに or そうじゃないと信じることに)
But now I               だけど、今僕は

Look at the night         夜を見る
And it don’t seem so lonely   そして、それは寂しそうじゃない
We fill it up with only two   僕らは二人でそれを満たして、
And when I hurt          僕が傷ついたときも
Hurtin’ runs off my shoulders   痛みは僕の肩からひいていく
How can I hurt when holdin’ you   どうやったら、君を抱きしめながら傷ついてられるんだ?

Warm,         ぬくもり
Touchin’ warm   ぬくもりに触れる
Reachin’ out    届いている
Touchin’ me    僕に触れて
Touchin’ you   君に触れる

Sweet Caroline           スウィート・キャロライン
Good times never seemed so good   いい時は、決して良くは見えない
I’ve been inclined         僕の心は傾いている
To believe they never would   それらがそうならないと信じることに(良くは見えないと信じることに or そうじゃないと信じることに)
Oh,Lord, no              おお、主よ、違うんだ

Sweet Caroline           スウィート・キャロライン
Good times never seemed so good   いい時は、決してとても良くは見えない

Sweet Caroline           スウィート・キャロライン
I believed they never could   僕は信じたよ 良い時は決して良くは見えないと

こちらは『2番目のキス』の動画だが、実際に曲が流れるシーンではない。

実際は主人公たちが「So good! So good!」と叫ぶ。

ちなみに歌詞では
Good times never seemed so good   
と、
And it don’t seem so lonely
が謎かけのようにかかっている。
「良い時は決していいようには見えない」もので、夜の部分を最初の言葉と同じように言い換えると「寂しいときは、寂しいようには見えないものだ」。
だから、寂しいように見えないということは、寂しいのか?という問いかけになる。
それで、「いや、二人でいるから、見た目とおり、感じたとおり、決して寂しくはない」となる。

今までずっと、「良い時は決していいようには見えない」と信じてきたけれど、今の二人は、「いい感じ」だ。
きっと、「良い時はいいように見える」のだ…。

という解釈になる。

Similar Posts: