ペンシルバニアのナイフテロ 犯人は「無表情」だった

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://www.nydailynews.com/news/crime/stabbings-reported-pennsylvania-high-school-article-1.1750425

http://www.nydailynews.com/news/crime/stabbings-reported-pennsylvania-high-school-article-1.1750425

 

ペンシルバニアの高校生ナイフ殺傷事件の容疑者の写真が公開された。

容疑者の名前はAlex Hribal(16)。

水曜日、8から10インチのナイフ二つを持って20人を刺し、4人が重症だ。

 

場所は「典型的で平和なコミュニティ」のマリーズヴィル(Murrysville)にあるFranklin Regional High School。

目撃者によると犯行中の犯人は「blank expression」つまり無表情だった。





最初に新入生の集団を襲い、その後廊下にいる生徒たちに次々と襲いかかった。

 

事件を目撃した2年生の女生徒は、彼について “really shy” で、 “always kept to himself.”と表現した。

多くの人に話しかけることもなかったという(”He didn’t talk to many people,”)。

 

 


ABC US News | ABC Business News

Similar Posts: