皮膚癌のためのインチキ軟膏で頭に穴が開いた男性

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

※画像は公開終了

 

 

55歳の男性が4ヶ月間、軟膏を塗り続けた結果…。

穴が開いた。

 

彼は昨年9月にブリスベンの救急病院に運ばれたが、スタッフたちは衝撃を受けた。

右こめかみに大きく黒い穴があったからだ。

緊急手術が必要かと思われたが、彼は家に帰され、適切な治療によって3ヶ月で完治したという。

 

彼が使っていた軟膏は「Black salve」と呼ばれるもので、赤根草(blood root)から作られる軟膏。

成分はサンギナリン(sanguinarine)で、腐食剤として使われることがある。

これによってほくろや傷が黒くなって落ちるらしく、癌にも使われることがあるらしい。

1900年ごろから使われているが、2004年、米国食品医薬品局は「偽のがん治療薬」に定めた。

しかし、オーストラリアでは禁止されていない。

 





Black salveをグーグルで検索して画像を見ると、恐ろしい画像ばかり出てくる。

 

http://www.dailymail.co.uk/health/article-2600537/Black-salve-ointment-leaves-man-inch-wide-HOLE-head.html

 

 

 

Similar Posts:






  
 

1 comment for “皮膚癌のためのインチキ軟膏で頭に穴が開いた男性

Comments are closed.