「ヒトラーのメイド」が71年間の沈黙を破り告白。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2614525/2pm-lie-ins-daily-Fuhrer-Cake-Hitlers-former-maid-mountain-retreat-reveals-break-silence-71-years.html

http://www.dailymail.co.uk/news/article-2614525/2pm-lie-ins-daily-Fuhrer-Cake-Hitlers-former-maid-mountain-retreat-reveals-break-silence-71-years.html

 

Elisabeth Kalhammerという89歳の女性。

彼女はミュンヘンで長い間静かに暮らしてきたが、最近、ある告白をした。

戦時、彼女は「ヒトラーのメイド」だったのだ。

 

 

それは、71年前の1943年に遡る。

地元の新聞にのった「メイド募集」の広告を見たエリザベートは、ベルヒテスガーデン近くのある別荘でのその仕事を申し込んだ。

母親は10代の彼女が働くのを反対したが、雇い主は「素晴らしい体験になる」とエリザベートを説得した。

 

最初の日、建物につくまでにSS(親衛隊)を見かけた。

別荘の中にはゲストが大勢いて、不意に彼があらわれた。

それは総統だった。

 

ここは、ヒトラーの別荘であり、最高軍事拠点でもあった「ベルクホーク」だったのだ。

 

最初に彼女は、ここでのことを他に明かしてはならないと警告を受けた。

そこにはメイドが20人以上いて、彼女はその中の一人となった。





メイドは総統ヒトラーと話は出来ないが、プライベートルームに入ることは許される。

彼女の仕事は主にランドリールームと裁縫室でのものだったが、ヒトラーの好きなティーを彼に届けるという仕事もあった。

 

彼はニンフェンベルグ陶器のカップがお気に入りだったが、ある日事件が起きる。

新入りの彼女が、その大事なカップを割ってしまったのだ。

当然罰があるのだが、それは休日を減らされるという程度のものだった。

 

雇い主がヒトラーでも、この仕事は魅力的だった。

当時、エリザベートの家族は豊かな食生活ではなかったが、メイドたちはフレッシュなリンゴジュースを飲めたし、食べ物もいっぱい与えられたのだ。

戦時としての待遇は抜群だった。

 

この仕事で、ヒトラーの意外な一面を知ることにもなった。

ヒトラーは脾臓に問題があったため、食事療法(菜食主義)をしていて、水もぬるま湯しか飲まなかったらしい。

しかし、メイドたちは、彼が子供のような甘党であることを知っていた。

 

疲れ切ったヒトラーは、夜中、メイドが寝静まったころにケーキを食べていた。

それは、「総統ケーキ」と呼ばれ、ナッツ、レーズン、リンゴのケーキだった。

こっそりとチョコやビスケットを食べることもあったらしい。

 

 

エリザベートにとって、ヒトラーの愛人である、エヴァ・ブラウンへの印象はいい。

結婚はしてなくても、家の主人の妻として振る舞っていた彼女は、メイドに優しかった。

メイドの制服は彼女がデザインしたという。

 

エヴァもヒトラーも、この山荘で楽しい時を過ごしていた。

ヒトラーは映画好きで、プライベートの映画館を持っていた。

しかし、そんな趣味を楽しむ雰囲気も、1944年7月に終わりを告げる。

陸軍将校による暗殺未遂事件だ。

同時に、連合軍の足音が近づいてきていた。

 

緊迫した状況の中で、エリザベートは働き続けた。

終戦直前、連合軍の空爆で避難するまで、彼女は山荘にいたという。

 

 

 

ちなみに、この山荘があった地帯は、ドイツ側から伊豆半島のようにオーストリア側に突きだしている。

スクリーンショット 2014-04-28 11.11.52

 

北東にはミュンヘンがあるが、オーストリアのザルツブルグ(サールズバーグ)のほうがずっと近い。

映画「サウンド・オブ・ミュージック」の一家は、ヒトラーの前で歌ってほしいと依頼されたらしいが、それはこの近さゆえのことだったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

Similar Posts: