小児性愛者の脳配線に違い。 最新研究

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

 

http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2634045/Is-paedophilia-illness-Brains-wired-differently-offenders-study-claims.html

http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2634045/Is-paedophilia-illness-Brains-wired-differently-offenders-study-claims.html

 

MRIスキャンによる小児性愛者の脳を調べてみると、ヘテロセクシャル(普通性)の人と違いがあることがわかった。

この衝撃の研究結果を解明したのは、ドイツのChristian-Albrechts University。





小児性愛者(paedophilia ピードフィリア)に子供の顔を見せて脳の反応部位を調べると、健康な成人とは違う部分がトリガーされた。

 

そこは、人が性処理に使う部分。

ピードフィリアは、その部分が活性化するのだ。

 

以前の研究でも、脳の白質(the white matter)の量に違いがあることが指摘されてきた。

正常な脳の場合、同世代の顔を見て、それが性的な脳部分に繋がるようチューニング、配線がされているが、ピードフィリアは子供とコネクトしてしまう。

 

脳の構成と配線に違いがあるというのなら、当人たちにとっては避けられない衝動となる。

過去の研究ではピードフィリアは左利きが多く、IQは10から15ポイント平均より下がるとも言われていて、先天的な病気の可能性も出てきた。

 

 

 

Similar Posts: