Yukari Iwataniのアップル本が話題に。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

 

ジョブズ死後のアップル本は数多いが、徹底的インタビューで作り上げた一冊の本が話題だ。

作者は日系のYukari Iwatani Kane。

グレイトリーダーがダイ後の帝国を描いていて、本の名前は「Haunted Empire: Apple After Steve Jobs 呪われた帝国」。

 

アップルにとっては後味のいいものではなく、ティム・クックは「アップルや我々、ジョブズについて正確に捉えられていない」と感想を述べた。

 

彼女は「アップルの最盛期は過ぎた」と断言する。

偉大な指導者が亡くなったとき、帝国はどうなるのか。

彼女の興味はそこに集中している。

「帝国は長い間その象徴となって人物を失い、新しいアイデンティティを見つけるのに苦労している」

 

 





自分の本をCEOに否定されたことについては、過去にiPadの記事(発表前)や低価格iPhoneの記事を否定されたので気にならないという。

いずれも真実だったからだ。

 

今、アップルが抱えている課題は、「短期間で急成長した企業」のものだ。

ジョブズが生きていても、この問題は残っていたはず。

「クックはジョブズとは正反対。ビジネスとして収益を考えるとクックは偉大なビジネスマン。しかしジョブズはビジョンと説得力を体現している稀な人物。この二つの力が一体となって産業界に多大な影響を与えた」

 

アップルの株価は順調。

しかし、長期的に見ると「呪われている」らしい。

 

結局、ジョブズに替わる人物などこの世界にいないからだ。

 

 

 

 

Similar Posts: