神聖ローマ帝国皇帝が買い取った町。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

スクリーンショット 2014-06-24 16.02.54

 

フランス・アルザス地方にケイゼルベール。

ブドウ畑に囲まれたこの町は、ハーフティンバーの伝統的な家屋が並び、夏にはバルコニーにゼラニウムの花々が飾られる。

 

アルザスはドイツとフランスを行ったり来たりしているが、この町もフランスでありながら、ドイツへの影響が色濃い。

そもそも、地名のKaysersbergのKaysersは、「皇帝の」という意味。

Bergは山だから、「皇帝の山」という意味だ。英語読みだとカイザーズバーグとなる。

 

なぜかというと、13世紀に神聖ローマ帝国のフレデリック2世が、村と城を買い取ったから。

当時から皇帝を魅了するほど美しかったのか。

より大きな地図で Maash Maps を表示





 

 
町の中心部はここ。

橋には銃口がある。

より大きな地図で Maash Maps を表示

 

屋根の上には幸運の象徴であるコウノトリの巣があることも。

 

ストラスブールにももちろん近い。

Similar Posts: