フィニッシャー不在。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

残念な結果に何も書きたくない気持ちだが、カート・コバーンの娘が父の死について語る記事について書く前に、やっぱり書こう。

今、大久保へのインタビューで、聞き手の沢登が世界との差について「枠に飛ぶ確率が低いのでは?」と問いかけた。

それに対し大久保は、「そうですね。でもプレスとかがやっぱり違うなと感じました」みたいな返答をした。

 

今回のワールドカップは現時点で100ゴールを超えた。





どの国も得点が多く、コロンビアも日本に対して4ゴールをあげた。

 

違いはやはり、最後のフィニッシャーの技術だった。

冷静に状況を見極め、フェイントで交わしてゴールを決める。

香川が持っているはずの技術だったが、活きることはなかった。

 

日本の選手たちが目指したパスサッカーは、「最後はシュートを打つだけ」にするサッカーだった。

相手を崩せば、それは成り立つ。

しかし結局、パスサッカーがなかなか成立しない今大会は、最後のフィニッシャーの精度が試合を決める場合が多いようだ。

アルゼンチンのメッシ、ブラジルのネイマール、ドイツのミュラー、オランダのロッベンとファン・ペルシ。

 

終わってからでは何を言っても仕方が無いが、日本のワントップは香川か宇佐美、齋藤学だったらと思う。

 

だとしても、脅威は少ない。

 

相手がビッグネームであるほど、DFは勢いよく飛び込みがちだ。

今回も日本ディフェンダーは面白いように吊られ、ふられた。

コートジボアール戦でもそうだったし、オランダ対スペインのスペインDF陣もそうだった。

 

だから、香川のビッグネームを真ん中で生かすべきだった。

相手が警戒すればするほど、フェイントが利く(イタリアのDFをのぞく)。

 

最後に、ミュラーとファン・ペルシのフィニッシュ精度は、もはや変態的だと思う。

日本は今後育成に、「世界レベルのフィニッシュ技術を教える技術」を磨きあげてほしい。

 

そうだ。大久保だ。

あの「プレス」発言。

Jリーグトップレベルのフィニッシャーだった彼の発言だが、らしくない。

君のところに来たチャンスは、たくさんあったぞ。

Similar Posts:

    None Found