香港で市民による住民投票実施 共産党崩壊の歴史的1ページとなるか。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

 

香港で民主活動家による選挙が開催され、73万8000人が参加した。

中国政府は「違法」と訴えている。

 

選挙は次の指導者(行政長官)を選挙で決めることを求めたもの。





しかし、香港のリーダーは2017年までに選挙で選ぶと約束されている。

それでも、2012年に設立された民主化団体オキュパイ・セントラルが投票に踏み切ったのはなぜか。

それは、選挙といっても、中央政府の委員会が選んだ人物しか候補を選出できないからだ。

オキュパイ・セントラルは候補者を住民から選ぶことを主張していて、今回の投票ではその案を3つ提示した。

香港は独自の幹部や立法府、司法を持ち、中華人民共和国の特別行政区となっている。住民はおよそ700万人。

 

この香港の動きが、大陸側の市民を刺激するだろうか。

中国が今、一党独裁で落ち着いている原因は、市民に「選挙」という感覚がないことにある。

 

しかし、中国のネット閲覧ブロックシステムは今回も大活躍だ。

香港の選挙に関する情報は大陸側の市民は読むことができず、香港のニュースもブラックアウトした。

 

さすが。

 

Similar Posts:

    None Found