スターリン暗殺説をBBCが追究 時間軸を詳細に追う。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
https://learni.st/users/BBC.Worldwide/boards/37896-who-killed-stalin-?utm_source=outbrain&utm_medium=paid_cpc&utm_campaign=society

https://learni.st/users/BBC.Worldwide/boards/37896-who-killed-stalin-?utm_source=outbrain&utm_medium=paid_cpc&utm_campaign=society

 

BBCワールドワイドが、スターリン暗殺説を追究している。

1953年3月に彼の死が発表されたとき、詳細情報はすぐに規制された。

脳内出血(brain hemorrhage)という原因だけが人々に知らされたのだった。

 

歴史家サイモン・モンテフィオーリは、この謎に迫るためにモスクワに渡った。

最初の疑問。それは、息子のワシリが、彼の父であるヨセフ・スターリンを殺したのではないかというもの。

少年時代に母親の自殺を経験しているワシリ。

彼の友人がこの映像で、彼について語っている。

ワシリは極端に、父を恐れていたという。(Youtubeではここまで。BBCではさらに放送が続く)

 

番組で息子の次に疑われるのは、フルシチョフ。

なぜかというと、スターリンの最後の晩餐に付き合っていた人物。

それがフルシチョフだったのだ。





 

しかし、晩餐といっても、仰々しいものではない。

大勢でどんちゃん騒ぎをしていただけだ。

毎晩のことだった。

 

フルシチョフの役目は、おかしなダンスをしてスターリンを喜ばせることだった。

決して賢い感じではない。

 

3月1日のどんちゃん騒ぎが終わり、フルシチョフが酔いつぶれて眠っている。

スターリンは彼の頭に食べ物を置くなどのいたずらをしたという。

 

酔いつぶれたフルシチョフは、実行犯ではない。息子も違うだろう。

 

では、暗殺説をとるとして、実行犯は誰なのか。

それは、通説通り、秘密長官ベリヤの取り巻きだ。

 

 

最後の日の時間軸

 

翌朝6時、新ボディガード長クリスタリエフは他のガードに「まだベッドで眠りたいようだ」と言って、彼の起床を待たなかった。

後に、ガードは「そんなことは今まで絶対に起きなかった」とこの時のことを語っている。

 

クリスタリエフはその後、一人スターリンの部屋に戻った。

外務大臣モロトフの孫によると、クリスタリエフはベリヤの指示を受けていたという。

彼はおそらく、寝ているスターリンに、注射を打った。

 

それから12時間後。

夕方の6時30分になっても彼は起きてこなかった。

部屋に再びガード(おそらくクリスタリエフ以外の人物)が入ったのは、それから3時間後だった。

 

10時、ボディガードが部屋に入ると、床に倒れたスターリンが苦しんでいた。

自身の小便があたりに溢れていた。

ガードはベリヤに電話をすると、ベリヤは「病気のことは誰にも言うな。あと、もう電話はかけてくるな」と忠告した。

早朝3時、ベリヤはスターリンのもとに到着。

 

発見が遅れたことでスターリンは右半身が麻痺し、昏睡状態となった。

なぜここまで発見が遅れたのかというと、スターリン自身のせいでもある。

彼は暗殺を恐れて寝室を複数造り、内鍵で外から開けられないようにしてたためだ。

 

ガードが持つ1本の鍵だけが開けることができたが、ガードは中央委員会に報告して指示をもらってから、やっとその鍵を使ったのだ。

 

昏睡状態になったスターリンに対して、秘密警察長官のベリヤが医師を呼ぶが、それは今までスターリンを診ていた医師ではなく、まったく新しい医師だった。

しかも、ユダヤ人だった。

早朝7時に医師団到着。

はじめての診察で、相当ナーバスだったという。

 

何もできない医師に、ベリヤは罵倒した。

そして、昏睡状態から意識を取り戻したスターリンに対し、ベリヤは手をとってキスをする。

すると、スターリンは再び昏睡状態になった。

映像ではその後、ベリヤは唾を吐き捨てる。

 

 

4日後の1953年3月5日、スターリン死去。

もしクリスタリエフが注射を打ったのなら、それが原因だが、そこからさらに12時間以上も放置することが、この暗殺計画を成功させる要因でもあった。

 

暗殺説は諸説あり、粛清されかけていたフルシチョフや外務大臣モロトフらのグループが、秘密警察長官のベリヤにやらせたというもの。

もう一つは、スターリンと同じグルジア出身でありながら、ユダヤ人とのハーフであるベリヤが、スターリンの反ユダヤ政策を止めるために実行したというもの。

 

医師団がユダヤ人だったことも、この二つ目の説を有力にしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Similar Posts: