イングランドとウェールズでは毎年乳幼児突然死症候群で250人が死亡

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

 

http://www.dailymail.co.uk/health/article-2678694/Warning-parents-falling-asleep-baby-Health-officials-want-mothers-learn-risks-help-cut-cot-deaths.html

http://www.dailymail.co.uk/health/article-2678694/Warning-parents-falling-asleep-baby-Health-officials-want-mothers-learn-risks-help-cut-cot-deaths.html

 

イギリスのThe National Institute for Health and Care Excellence (Nice)が、乳幼児と親の睡眠に対する危険性を啓発した。





Niceの新しいドラフトによると、1歳までの乳幼児と親が一緒に寝ることは乳幼児突然死症候群に繋がると警告。

今までも言われていることだが、より一掃の警告を発している。

この症候群は、親がある行動を取ったときにより一掃危険になる。

飲酒、喫煙、薬だ。

また、低体重の乳幼児も危険性が高い。

 

なぜ乳幼児突然死が起こるのかはまだ判明していないが、親がベッドやソファ、椅子で乳幼児と一緒に寝ることで起こることははっきりしている。

毎年、イングランドとウェールズでは250人の乳幼児が突然死によって亡くなっている。

 

 

 

 

 

Similar Posts: