「満月は眠りにくい」という研究結果。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2686780/Struggling-sleep-Blame-moon-Volunteers-slumber-50-minutes-moon.html

http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2686780/Struggling-sleep-Blame-moon-Volunteers-slumber-50-minutes-moon.html

 

なかなか眠りにつけない日は、外を見てみよう。

満月があるかもしれない。

しかし、それは満月のせいで明るいからではない。

曇っていて満月の光がないとしても、眠りづらいだろう。

 





最新の研究で、満月の日に窓のない部屋に寝た人が、そうでない日よりも平均で25分、睡眠時間が短くなることがわかった。

これは‘circa-luna’ rhythmの解明に繋がるもので、「狩りにいく」「動物が襲いにくる」といった本能の名残りらしい。

生理も月のサイクルで、なかには月齢とぴったり合う人もいる。

そうすると、満月の日に男性も興奮することになる。

眠れない。

 

また、満月の夜は、その被験者もノイズに敏感だったという。

 

満月の光が人間を興奮させるという説を主張する学者もいるし、満月の日は鮮明な夢を見るという説もある。

 

 

Similar Posts: