サッカー 「頭を打った選手はピッチに戻ってはならない」?

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://www.dailymail.co.uk/health/article-2690917/Ban-head-injury-footballers-Medics-want-players-suffer-concussion-assessed-independent-doctor-allow-pitch.html

http://www.dailymail.co.uk/health/article-2690917/Ban-head-injury-footballers-Medics-want-players-suffer-concussion-assessed-independent-doctor-allow-pitch.html

 

今大会、ウルグアイのDFアルバロ・ペレイラが頭を打って倒れた。

イングランドのスターリングの膝がもろに入ってしまい、脳しんとうを起こしたのだ。

ペレイラは意識は回復したものの、朦朧とした様子のまま試合は再開した。

 

このような状況は、今後禁止になる可能性がある。

脳を損傷してもプレーを続けた場合、長い人生を経て認知症を引き起こす可能性があるからだ。

 

これはFIFAの提案ではなく、世界選手組合FIFProによるもの。





脳しんとうを起こした選手は、ピッチに戻る前にチームドクター以外の医師によって診断されることを要求している。

 

以上は英デイリーニューズの記事だが、今大会を通じて改めて思ったことがある。

負傷した選手の交代についてだ。

 

ウルグアイのペレイラのように、怪我をしても復帰すると拍手で迎えられるが、本来他の怪我でもそういったことは褒められるべきではない。

怪我は一刻もはやい休息が必要だし、プレーを続けることで悪化するのは間違いない。

香川はマンU1年目にそれをやって、ファーガソンにひどく怒られた。

 

今大会のある試合では、倒れた選手に対して監督が交代しようとしたが、意識を取り戻した選手は「絶対に交代しない」と激昂した。

 

以上が、負傷した際の選手自身の考え方に対する問題提起だ。

 

そして、交代枠に対する問題。

3人という少ない交代枠。

このせいで、選手たちは披露を抱えてプレーする。延長戦でも交代枠は増えない。

 

また、相手選手の悪質なプレーで怪我をして退場になった場合、交代枠を1枚使わなくてはならない。

これは、1枚増やすアイディアを検討してもいいはずだ。

 

そもそも、3人は少ない。

5人ほどにして、多くの選手が活躍できる場を増やしてほしい。

決勝延長戦でのドイツ選手のくたびれ方は酷かった。

 

 

 

以下本題から外れる

それなのに、いつも歩いているメッシが走らなかったのが残念。

メッシが延長になって走り回れば、ドイツDFはまずついていけなかっただろう。

いつものプレースタイルだから誰も文句は言わないが、アグエロとパラシオ(メッシにパスをあまり出さなかった)は不満を抱えていたではないだろうか。

 

Similar Posts: