ジャック・ザ・リッパーは、最後の被害者メアリー・ジェーンだった?

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2687208/Was-Jack-Ripper-WOMAN-Salvation-Army-worker-turned-serial-killer-save-East-End.html

http://www.dailymail.co.uk/news/article-2687208/Was-Jack-Ripper-WOMAN-Salvation-Army-worker-turned-serial-killer-save-East-End.html

 

《The Seduction Of Mary Kelly》という本が出版された。

ジャック・ザ・リッパーに関わる本、いわゆるリッパー・ミステリーだ。

 

作者のウィリアム・J・ペリングがこの本で提唱している犯人。

それは、最後の被害者メアリー・ジェーン・ケリーだ。

 

美しい彼女は、救世軍の兵士だった。

救世軍とはプロテスタント系のボランティア団体で、事件の起きたイーストエンドのようなロンドン東部で設立された。

 

作者が救世軍の彼女に注目したのは、リッパーの事件が救世軍の目的と一致したこと。

この事件によってイーストエンドのスラム街は注目され、市によって改善の動きが始まったのだ。





 

ジェーンが死んだのは25歳のとき。

ブロンドの髪、青い目、誰もが認める美人だった。

 

ウェールズのカーディフ出身で、1884年にロンドンに移り住んだ。

ウェストエンドの高級売春宿で働いていたという。

 

彼女の死体が発見されたのは、1888年、11月9日。ミラーズコートの自宅だった。

心臓はなかった。

彼女だけが自宅で、一番無残に切り裂かれていた。

彼女だけが若かった。

 

当時からすべての事件が「ジャック」一人のものだと断定されていたわけではない。

捜査していた警部や医者らが主張していた。

 

発売されたばかりの本なので、なぜケリーなのかについては記事には書かれていない。

 

ので、今までの「メアリーではない説」を検証してみる。

まず、臓器の取り出し方だ。

性器などの切り取られ方は技術がいるもので、プロでしか出来ないことから、医者説がこの事件の最有力候補だ。

犯人と名乗る男の手紙では、医者説を高笑いしていたが、臓器売買説も力強い。

「スラム街の人など殺してもいいだろう…。貴族のために、高値で売るのだ」

そんな犯人のつぶやきが雨に濡れた路地裏から聞こえてきそうだ。

しかし、殺して得た臓器を新鮮なまま患者に渡せるとは思えない。

 

ドクター・スタンレー(仮名)の説は、メアリー・ケリーに繋がるものだ。

彼の息子がケリーに梅毒をうつされて死んだというもの。

犯人の手紙にも売春婦への恨みが書かれているし、ケリーだけが自宅で、他の女性以上に惨殺されていたことにも繋がる。

しかし…ケリーは梅毒ではなかった…。

 

 

では、同棲していたジョセフ・バーネット。

彼はケリーに売春をやめさせるために、脅しで4人を殺したという説。

でも、ケリーを殺す理由にはならない。

 

 

もやもやしてきたので、kindle版の本を買ってみた。

これから読んでみる。

 

 

Similar Posts: