中国に引き続きイギリスでも鶏肉問題発生。最大手スーパーの鶏肉で。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2703442/Chickens-picked-floor-washed-filthy-water-sold-supermarket-Investigation-launched-claims-contaminated-poultry-sold-high-street.html

http://www.dailymail.co.uk/news/article-2703442/Chickens-picked-floor-washed-filthy-water-sold-supermarket-Investigation-launched-claims-contaminated-poultry-sold-high-street.html

中国の鶏肉問題が起き上がると同時に、なぜかイギリスでもまったく同様の事態が発生している。

イギリスで問題になっている精肉業者は、業界大手の二つの会社the 2 Sisters Food Group とFaccenda。

これらが鶏肉を汚染水で洗浄し、床に落ちたものを使っているという噂になっている。

 

しかも、この肉を使っているのが、イギリスの大手スーパー、テスコやセインズベリー、マークス&スペンサーだというから凄い。

日本のマクドナルドどころじゃない。

内部告発者によって明らかになったこの問題で、現在緊急調査が行われている模様。

 





スーパーマーケットは鶏肉の安全性についてはすでに失敗していて、bug campylobacter(カンピロバクター)というバクテリアによって毎年100人が食中毒で命を落としている。

生の鶏肉に寄生するものだ。

これが鶏肉工場の怠慢によるものだったとしたら、大問題。

 

実は、新鮮な鶏肉でも生肉の3分の2にすでにバクテリアがいるようなので、そのあとの加工でいかに処理するかが問題になる。

もし問題意識がなければ、バクテリアはひろがるだけだ。

 

内部告発者による告発内容はガーディアンに掲載された。

 

 

Chickens that fell off the production line and on to the floor at two factories run by 2 Sisters were routinely put back into the food chain;

2 Sistersの二つの工場では、生産ラインから落ち、床に落ちた鶏肉が使われる。

 


Mechanical failures meant material at risk of being contaminated – feathers, guts and offal – would be left to pile up for hours while production continued at a 2 Sisters factory in Wales;

 

ウェールズの2sistersの工場では、汚染されたリスクのある機械的に失敗した肉(羽根、内臓)は生産中、何時間も同じ場所に積み上げられている。

 

A chicken catcher at a factory farm run by Faccenda claimed biosecurity rules designed to stop the spread of campylobacter were routinely ignored.

Faccendaの工場では、カンピロバクターの広がりをおさえるデザインが日常的に無視されている。

 

 

イギリス人にとって鶏肉は食のメイン。

そして、三つのスーパーはイギリスのスーパーのメイン。

すべてが真実であれば、最悪の食物加工テロだ。

 

 

Similar Posts: