スーザン・サランドンが告白した、過去の恋愛相手が超大物だった。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://abcnews.go.com/Entertainment/susan-sarandon-reveals-past-tryst-david-bowie/story?id=24720259

http://abcnews.go.com/Entertainment/susan-sarandon-reveals-past-tryst-david-bowie/story?id=24720259

 

スーザン・サランドンが、過去の情事を自ら告白した。

その相手が音楽界の超大物だっただけに、エンタメ界がざわざわしている。

 

彼女はニューヨーク生まれの67歳。

20歳(1967年)で大学の同級生クリス・サランドンと結婚した。

1975年の《ロッキー・ホラー・ショウ》で注目されてからは、ご存じ通りの活躍だ。





 

最初の夫サランドンとは、1979年に離婚し、その後は2年間ルイ・マルと交際。

次にイタリア人監督のフランコ・アムリと交際し、最初の子であるエヴァ・アムリを設けた。

 

彼女が今回告白したのは、この頃の話だろうか。

相手は、デビッド・ボウイ。

デイリー・ビーストに「20代のころ」とあるが、離婚したのは32歳ごろなので、不倫ということになる。

離婚前のことだった。

 

彼女は20年間付き合ったティム・ロビンスとのパートナー関係も解消したので、デビッド・ボウイとの「楽しい思い出」を自由に語っている。

「彼は輝いていて、才能があって、偉大で…」と当たり前のことを述べている。

 

デビッド・ボウイとスーザンの顔はどことなく似ているような気がする…。

 

 

Similar Posts: