のどかなそこに、兵士たちはいた。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://www.nydailynews.com/news/world-war-remembered-100-years-gallery-1.1883223

http://www.nydailynews.com/news/world-war-remembered-100-years-gallery-1.1883223

 

現代のストリートの中に、行進するモノクロの兵士。

この奇妙な写真は、第一次世界大戦の兵隊たちを映したものと、まったく同じ場所で撮られた風景を合成したものだ。

 

3枚目の臨時病院らしき写真は、ブライトンのロイヤルパビリオンの音楽室。

1915年、インド兵のための病院となった。





 

4枚目は、まるで亡霊がビーチをさまよっているかのようだが、これは1917年、フランドルでの戦いで負傷した兵士たち。

イギリスのボーンマスのビーチを行進している。

 

他にもさまざまな写真があるが、見ているうちに、本当にそこに彼らがいたことを強く感じられるようになる。

今、東京ののどかな公園や、街のどこにも、昔生きた人々の痕跡はない。

新しくなった建物は、そういったものを見事に消し去ってしまう。

 

もし、この街でこういった写真の組み合わせができれば、ノスタルジーを強く感じることができるのかもしれない。

 

そこに家康が立ち、そこに明治の人々が生きたという、少し生々しい記録。

街歩きも楽しくなる。

 

 

 

 

Similar Posts: