「アメリカで二番目に大きい私邸」ホテル

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

ABCNewsが「11 Hotels That Are Destinations Unto Themselves」というタイトルの記事をアップしている。

気になるのは、オヘカ・キャッスルだ。

 

これは、アメリカで二番目に大きい私邸として知られている建物。

 

http://abcnews.go.com/Travel/11-hotels-destinations/story?id=24619779#2

http://abcnews.go.com/Travel/11-hotels-destinations/story?id=24619779#2

NY市から1時間、シャトースタイルの家だ。

 

壮大な庭園に囲まれ、32の部屋ごとに装飾は異なる。

滞在中はレストラン、フィットネスセンター、ゴルフなどのアクセス権があり、優雅な日々を過ごすことができるが、当然セレブな人々の場所になっている。

 





ここで開かれる結婚式は、米国トップクラスの人々の思い出を生み出しているのだ。

 

歴史は今からほぼ1世紀前にはじまる。

オットー・ヘルマン・カーンという人物が、ロングアイランドのコールド・スプリング・ハーバーにある高地にオヘカを建てた。

当時の価格で11ミリオンダラー(1100万ドル、今の価格で1億1000万ドル)だった。

 

スタイルはフランスのシャトースタイル。今ではアメリカで建てられた中で、2番目に大きい私邸として記録されている。

1920年代は夏の家として使われていて、セレブたちが集ってパーティが開かれていた。

 

1934年のカーンの死後、所有者は何度か替わり、1948年にはイースタン・ミリタリー・アカデミーが購入。

30年使われたが、その後火災によって放置状態となった。

 

再建されたのは1984年。デベロッパーのゲイリー・メリウスだった。

彼はオヘカ城の原型を取り戻し、歴史的名所として復活させた。

ウェディングのプレミア・ヴァリューはこの日から生まれたのだった。

 

建設当時はマンハッタンからの距離は相当だったかもしれないが、今では通勤圏内とも言える距離(近くはない)。

NYに慣れた人はここら辺りの観光もいいかもしれない。

 

 

オへカ城のオフィシャルサイト

http://www.oheka.com/

Similar Posts: