トルコのリトリートはアクヤカで。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://www.theguardian.com/travel/2014/jun/14/akyaka-holiday-turkey-slow-food-movement

http://www.theguardian.com/travel/2014/jun/14/akyaka-holiday-turkey-slow-food-movement

 

スローフードとイージー・バイブで注目を集めはじめているのが、トルコのアクヤカ(Akyaka)だ。

南エーゲ海、人口わずか2500人の小さな町にあるリゾートで、ボドルムとマルマリスというリゾート地に囲まれている。





 

朝食はKadınAzmak川沿いのレストランで。

緑があふれる木造テラスからは、魚の群れが見える。

このスローな場所で出会うゲストは、90パーセントがトルコ人だ。

 

伝統的な赤い屋根と白い壁の民家スタイルは、1970年代に復興され、今はこのスタイルに従う必要がある。

スローフード・カルチャーは町ぐるみ育てている。

 

ホテル7月にAzmakhan Deluxeというブティックホテルが開業予定。

地域最大の市場であるMuglaは毎週木曜日に開催され、無料バスで送迎もある。

少し足をのばせば、丘の上にSirinceという町がありオススメだ。

 

近くにあるセディル(Sedir)島は、クレオパトラの島と呼ばれている。

砂はエジプトから運ばれたという伝説があり、砂の色は黄金色だという。

 

町全体を見渡すには、Sakartepe山に。

Gokovaの美しい風景を見下ろすことができる。

 

 

Similar Posts: