スロヴェニアの港町で同国初の黒人市長誕生 その町がすばらし。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan


大きな地図で見る
日曜日に、スロヴェニア初の黒人市長が誕生しました。
ピーター・ボスマン。
ガーナ出身の54歳のお医者さんです。1970年代に医学生として首都リュブリャナに来て以来、ここ20年は今回市長となったピランに住んでいるそうです。





ピランといえば、先月撮影の仕事で行ってきました。
女優森カンナの写真集の撮影でした。

ピランは撮影で訪れた多くの街の中でも、スタッフの人気を最も獲得した街。
アドリア海の落ち着いた雰囲気と、ピンクや青、白の明るい町並み。

海の北側にはイタリア、南にはクロアチアの海。

たまりません。

市長の計画はゴルフコースを建設し、地場産業を奨励し、狭い路地を電気自動車で通れるようにするそうです。

毎年行きたい。行けたら人生最高。そんな街です。

Similar Posts:

    None Found