遊び回る子供は記憶力がアップする。 米最新研究で判明

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

 

http://www.dailymail.co.uk/health/article-2728964/Physically-fit-children-greater-brain-capacity-areas-important-memory-learning-study-finds.html

http://www.dailymail.co.uk/health/article-2728964/Physically-fit-children-greater-brain-capacity-areas-important-memory-learning-study-finds.html

 

活発的に行動する子供の脳を調べる研究が行われた。

どうやら、元気に遊び回っている子供は記憶力がいいらしい。

 

イリノイ大学が9歳と10歳の子供を対象にした研究で明らかになったのは、活発な子供は記憶と学習の脳容積が大きくなる傾向にあることがわかったという。





 

また、脳のそれぞれの部分を繋ぐニューロンもより多くなるらしい。

 

研究者ローラ・ヘイマンによると、「有酸素運動を高いレベルで行う子供は脳の記憶と学習能力を司る部分面積(white matter)を大きくする。運動と子供の脳の関係性を探る最初の発見だ。White matterと他の領域を繋ぐ力も強くなる。すべては注意と記憶に関係する」という。

力強い研究結果へのメッセージだ。

 

遊んでばっかりいる子供は成績が悪いイメージがあるが、単に脳を使っていないだけなのかもしれない。文武両道こそがやはり最適なのか。

 

大人にも関係するかどうかはわかってはいないが、物忘れが酷くなったら運動したほうがいいかもしれない。

 

Similar Posts: