国際不動産として人気のリトアニア、首都のど真ん中にある歴史的建物の値段。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://www.nytimes.com/2014/08/21/greathomesanddestinations/real-estate-in-lithuania.html?ref=garden&_r=0

http://www.nytimes.com/2014/08/21/greathomesanddestinations/real-estate-in-lithuania.html?ref=garden&_r=0

 

1903年に建てられた1500スクエアフィート(140平米)のアパートメント・ヴィラが7700万円。

しかも、首都のど真ん中。

東京だったらあり得ないが、今注目されているリトアニアの首都ヴィリニュスだとあり得る。

 

100年の間にいくつもの部屋に分けられ、インテリアもバラバラになったこのアパートメントだが、2010年にデザイナーのジュリア・ジャヌスが購入してからリノベーションされ、オリジナリティを取り戻した。





 

1階の中心は500フィートのグレートルームで、オープンキッチンとダイニングにサロン。

建てられたころのオリジナル暖炉があるのがいい。

 

タイルにはサンフラワーの絵があるため、この家の通称はthe Poppy and Sunflower Houseというらしい。

Poppyは暖炉にpoppyのモチーフがあるため。

 

マスタースウィーツの部屋を含め、他に3部屋がある。

買えないが、ヴィリニュスに小さく安いアパートメントを買うと想像すると楽しい。

 

 

Similar Posts: